不足するjavaエンジニアに求められる力

javaはwebと非常に相性がいいプログラミング言語である。web上で動作するブラウザゲームを作るときにも必要になるし、少し高度なホームページを作るときにも役に立つ。今の時代はwebを中心にしてIT産業が回っていると言っても過言ではないのだ。したがって、javaエンジニアの求人件数も膨大な数存在している。

しかし、その膨大な案件数に見合うだけの人材はいないのが現実だ。需要に人材の供給が追いついていないのである。javaエンジニア不足は深刻で、そのせいで仕事がストップしているところもあるぐらいだ。専門学校をたくさん作って、需要を満たすだけの人材の供給を進めていく必要があると指摘されている。小学校や中学校から、ある程度はプログラミングに興味を持てる工夫をすべきであるという意見もある。

では、javaエンジニアに求められるのはどういった能力なのだろうか。エンジニア全般に言えることではあるが、仕事のスピードが早いことは重要だ。多少の粗があっても、仕事のスピードが早いなら様々な会社から声がかけられる。世の中の役に立つこともできるので、とにかくスピードが出せるように日頃から訓練をしておくのが望ましい。高度なスキルがあるに越したことはないが、最低限のスキルしかなくても仕事をこなしていくスピードが早いなら重宝される。なぜなら、一人で大量の仕事をこなせれば、業界全体の人材不足を少しは緩和することができるからだ。

これからしばらくは続くと予測されるjavaエンジニアの需要。だからこそ、いま狙いめの職種と言えるだろう。また、未経験からでも習得しやすい言語であるため、人手不足のいまがチャンスと言える。