ゴルフスイング・バンカー攻略

ゴルフスイングの手首

ゴルフスイングでは手首が弾道の高さを決める大切な役割を果たすようです。リストをやわらかく保ってゴルフスイングすると弾道は高くなると言われて一時期本気にしました。

リストを固めてゴルフスイングすると弾道は低くなるとも言われました。これも本気にしました。ゴルフスイングの基本上達法の要領なのですね。

林の木を越えるときには、リストをゆるめるように言われました。これも本気でやってみました。木の枝の下を抜くなら、低い弾道なのでリストを固めようという意気込みだけはわかります。

アプローチショットでも、リストが弾道の高さを決定すると言われました。リストをやわらかく保ってコックを利かせて打つと弾道が高いピッチショットになると言われました。もちろん、本気で試してみました。

逆に、リストを固めてコックを使わないで打つのが、低い弾道になるチップショットですね。名前くらいは知っていました。馬鹿にするのもほどほどにしてくれと思いましたよ。

コックを使わないゴルフスイングで、パターのように、肩でクラブを握った腕を振るだけなので、距離としては20ヤード程度までなら、打ち損じが少ないチップショットが有効なのですね。

20ヤード以上の距離になれば、どうしましょう。それに、砲台グリーンでカップが手前に切られているときにはどうしましょう。ピッチショットの出番と言われてもこれは自信がないゴルフスイングになってしまいます。

ゴルフスイングでは、リストをやわらかく使うピッチショットと、リストを固めて打つチップショットをしっかりと区別して考える必要があるわけです。リストの使い方で、弾道はずいぶん違うのはもうわかりました。

状況によって、ピッチショットとチップショットを使い分けられるようになれば、ゴルフスイングは一段階ステップアップできるのでしょう。

コックの練習

ゴルフスイングではコックの意味を理解することが上級者へのスターとだと言われていますね。コックとはオスのニワトリのことです。歩きながら首をひょいひょいと前後に動かすのが似ているのだとまことしやかに言われると、正直唖然としました。

この動きが転じて、コックは、タテに動くモノや動作を意味するようになったらしいですが、たとえば銃の撃鉄も、英語ではコックだと知識を披露されるとそれがゴルフスイングをどう関係するのかと反論したくなります。

ゴルフスイングにおけるリストの動きがコックと呼ばれる理由は、タテに動くからなのだという話です。リストは「タテ動作」をするのだとしっかりと理解しています。

グリップしてからスタンスをとり、リストをタテ方向に動かしながらクラブを上げていって、剣道の上段の構えに似てしまいます。

ここから、腰と体幹を右方向へギリギリまで回します。それが正しいトップ・オブ・スイングのフォームです。

剣道でいえば下段の構えから、上段の構えに至るときのリストの動きが、まさしく「コック」なのだそうです。

テークバックをするときに、自分ではリストを斜めに上げているように感じるかもしれませんが、実際にはリストと腕をタテに動かしながら、体幹をヨコにターンさせているらしいです。

ゴルフスイングにおいて、リストに「タテ動作」をさせることを常に考えながら練習すると上達が見えてくるのでしょうか。

バンカーショットの打ち方は、他のゴルフスイングと何も違いはありません。すなわち、バックスイングの時には右股関節の上で体をひねり、ダウンスイング以降では、左股関節の上で体をターンさせる要領で良いのです。それさえきちんと守られていれば、そこから先はクラブが勝手に働いて仕事をしてくれます。

ただし、注意すべきポイントが2点あります。一つは、グリップと体の距離を途中で変えないようにすること。もう一つは、右のかかとが浮き上がらないようにしっかりと踏ん張ることです。この点に関してはゴルフスイングの基本上達法が読みやすいです。

リストを使ってバックスイングを上げれば、アドレスで作り上げたグリップと体との間隔が近くなったり、遠くなったりして安定しません。この状態だと、サンドウェッジのバンスの落とし場所、つまりエクスプロージョンさせるポイントにズレが生じてしまいます。

ポイントがズレてしまうと、飛距離にもバラつきが生じてくるため、ピンには期待通りに寄りません。右のかかとを浮き上がらないようにする意味とは、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、もちろん、ダウンスイングの時の話です。

ダウンスイングの早い段階で右かかとが浮くと、体が起き上がってくる状態になります。すると、上半身の前傾角度が変化して、アドレスした位置までクラブヘッドが戻って来ないのです。クラブヘッドが砂に触れるポイントもズレますから、ミスショットになってしまいやすいのです。

リストで出そうとしたり、右のかかとが早い段階で上がってしまうのは、メンタル的な要因も大きく働いているのかもしれません。出るだろうかという不安な気持ちが大きいと、体幹よりもリストを使いがちになりますし、ゴルフスイングも速くなって、右かかとも早い時点で上がってしまうわけです。

気持ちを強く持つためには、やはり日頃の練習で自信をつけることが一番です。普段のリズムで体のターンを使って振り抜くことができれば、バンカーショットもそれほど難しく感じないようになるでしょう。